愛犬が病気にならないために|皮膚病の予防を行う

小ぶりのダックスフンド

ダックスフント

体や性格の特長

ミニチュアダックスとは、やや小ぶりなダックスフンドで、スタンダードダックスと比較すると、体の重さが約半分となっています。具体的にはスタンダードダックスの体重は約10キロなのですが、ミニチュアダックスの場合は約5キロなのです。その分胴体も手足も小さく、シャンプーやブラッシングなどの手入れが手軽ということで、注目されています。もちろん食事の量もスタンダードダックスより少ないので、その点でも飼育の負担がかかりにくいと言えます。それでいてミニチュアダックスは、スタンダードダックスと基本的には同じ運動能力を有しています。もともとアナグマの狩猟用に飼われていた犬種なので、アナグマを追い詰めることができるほど足が速いのです。また前足に強い力があり、アナグマが巣穴に潜り込んだ場合には、そこを素早く掘り返します。さらに猟犬ですから、賢い上に飼い主に従順で、しつけをしやすいという特長もあります。一般的に小型犬は警戒心がやや強く、些細なことに反応して吠えることが多いのですが、ミニチュアダックスの場合は、しつけでそれを比較的スムーズに抑えることができます。つまり無駄吠えを防止しやすいということですから、近所迷惑になりにくく、それによる飼い主のストレスも溜まりにくいと言えます。こういった特長から、ミニチュアダックスには高い人気がありますし、その分多くのペットショップやブリーダーが取り扱っています。販売数が多いため、顔立ちや毛並みなどから厳選できるというメリットもあります。